登録から内定までの流れ

次の図が、ボストンキャリアフォーラムに登録から内定までの流れになります。

事前応募

ボストンキャリアフォーラムでは、企業への事前応募が可能です。

事前応募すると、CFNサイト上の日本語と英語のレジュメが企業に提出され、正式なエントリーが可能になります。また、この時点でエントリーシート(ES)への回答を求められる場合もあります。

書類選考・筆記試験

日本語と英語のレジュメやエントリーシート(ES)が提出されると、企業はその内容を確認し、次のステップに進ませるか、それとも書類落ちにするかどうかを決めます。また、書類選考の一環で、オンライン等で筆記試験を実施するケースもあります。

この書類選考・筆記試験にパスすると、面接に移ります。

事前面接

企業の中にはボストンキャリアフォーラム当日の時間を有効に使うため、ボストンキャリアフォーラム前にオンライン等で事前面接を実施するところも多くあります。

ボストンキャリアフォーム当日

ボストンキャリアフォーラム当日は、基本的には面接の予約スケジュールに合わせて、面接のプロセスを進めてゆきます。空いた時間は、ウォークインなどを行い、取りこぼしのないように会社を回っていきます。

早い企業は、ボストンキャリアフォーラム当日に、内定を出してくれます。それ以外の企業は、ボストンキャリアフォーラム後に活動のステージを移します。

ボストンキャリアフォーム終了後

ボストンキャリアフォーラム後にステージを移した企業の多くは、本社または支社での役員面接か、電話での複数回の面接を用意しています。これらをクリアできれば、内定を貰うことができます。また、面接などがなく、最終的な書類選考を再度行って、内定を出してくる会社もあります。

例えば、ある年のマイクロソフトは、ボストン後に数回に渡る電話面接を日本の役員クラスと行い、最終的な内定が出たそうです。