ボストンキャリアフォーラム

ウォークインとは

ウォークインは、学生、企業の双方にとっての、セカンドチャンスです。学生にとっては、事前に応募できなかった、又は事前応募で落ちてしまった企業にトライできる機会であり、企業にとっても、事前のスクリーニングに漏れてしまった候補者をすくい上げることのできる貴重な機会でもあります。

ウォークインの方法

ウォークインをする方法は、非常に簡単です。履歴書を片手に、興味のある企業のブースへ訪問する。それだけです。ブースには、通常、ウォークインしてきた学生を相手にしてくれる担当者が配置されていて、彼らがその場で一時面接をしてくれます。時間は15分~30分程度で、ケースバイケースです。

このブースでの面接を突破すると、別フロアにある面接会場での、二次面接へと駒を進めることができます。

ウォークインの方法ですが、ボストンでは多くの企業がウォークインの学生を待つスタッフが待っていて、ほとんどの企業がその場で面接をしてくれます。この面接にはいくつかのパターンがあります。

パターン1) その場で一次面接

面接官が余っていてブースに待機している場合は、かなりの確率で一次面接をその場でしてもらえます。そして、面接を突破できれば、二次面接に進むことができます。

パターン2) 履歴書を提出してあとで連絡

面接官がいない場合によく言われるのは、履歴書の提出を要求されます。そして、興味があれば、後で連絡が来る、というパターンです。ただ、このパターンの場合、よほど履歴書が魅力的でないと、連絡が来る可能性は低いでしょう。また、電通などの超人気企業の場合は、ウォークインでの面接はかなり難しいでしょう。

ウォークインのアプローチ方法

ウォークインのアプローチですが、多くの場合、誰かがブースの前に立っていますので、その人に声をかけましょう。下記が、よくあるアプローチです。

「失礼いたします。○○大学の山田太郎と申します。現在大学でファイナンスを専攻しておりまして、来年の春、インターンシップのポジションを探しています。御社でそのような機会があれば、応募させて頂きたいのですが。」

ここでポジションがあれば、履歴書の提出を求められたり、その場で面接をしてもらえたりします。また、上記のようなことを言わなくても、その場にいる人が会話を促してくれるはずです。

事前応募に落ちた企業にウォークインしていいのか?

これは、参加を考えている学生から、よく聞かれる質問です。

答えは、「もちろんです」。

各社は、自社の条件に合いそうな人間を、エントリーシートの内容、事前テスト結果、専攻、学校名など、様々な物差しを使って応募者をふるいに掛けています。もちろん、どのスクリーニングにどのように引っかかったのかによりますが、ブースに行って企業の方と直接話ができるウォークインならば、事前応募のプロセスを飛び越して、一次面接のテーブルにとりあえずは上がることができるため、是非積極的に再チャレンジするべきでしょう。

ウォークインの位置づけは企業によって異なる

正直、ウォークインの内定率はそれほど高くありません。企業からすると、大きな投資をして参加しているボストンキャリアフォーラムで、よい学生を採用できるかどうか分からないウォークインに大きな期待をかける事は、ギャンブルの要素が強いため、どうしても事前に面接予約をしている学生たちが内定をし易い仕組みになっています。

それでも、ウォークインを積極的に歓迎している企業も中にはあります。以下は、Line株式会社の役員の方のツィートですが、積極的に受け入れていることが分かります。

ボストンキャリアフォーラム Line ウォークイン

また、以下はAmazonウェブサービスが掲示している張り紙です。こちらも歓迎している旨、記載されています。

アマゾンウェブサービス