ボストンキャリアフォーラムでまず最初質問されること

ボストンキャリアフォーラムの面接で、まず最初に質問されること、それは自己紹介です。どのインタビューでも、「ではまず簡単に自己紹介をお願いします。」と言われて、面接はスタートします。ですから、簡潔に自己紹介ができるようになることが非常に重要です。

自己紹介のポイント

自己紹介にはいろいろなやり方がありますが、基本的には時間の流れに乗りながら自己紹介をしてゆくのがやりやすいでしょう。つまり、過去、現在、未来の流れで相手に自分を説明してゆきます。

過去・・・今まで何をしてきたのか
現在・・・現在何をしているのか
未来・・・これから何をしたいのか

事例

シチュエーションは、監査法人で面接をする場合です。

面接官 「では簡単な自己紹介をお願いします。」

学生 「はい。名前は山田太郎といいます。東京都出身です。東京都立麻布高等学校の特進コースを卒業後、1年間の留学準備期間を経て、現在カルフォルニア大学のアカウンティングプログラムに在籍して会計を専攻しています。卒業後は、現在学んでいる会計やファイナンスの知識を活かして、仕事をしたいと考えています。」

上記の自己紹介は、聞いている側からすると、学生が過去にやっていたこと、現在やっていること、そして、将来やりたいことが一貫していて、未来の延長線上に受けている企業が乗っていることを容易にイメージすることができます。