なぜ企業研究をするのか? 企業研究の目的とそのステップ

 

なぜ企業研究をするのか?

就職活動は、よく恋愛に例えられますが、好きな人のことを何も知しりもしないで、相手に告白する人はいないと思います。仮にいたとしても、「あなた、私の何を知ってるの!?」と言われて、十中八九、振られてしまうでしょう。

企業研究をすることにより、業界や会社そして職種への理解を深め、より自分の適性に合った会社を見極められるようになります。また、受ける会社に対し、自分の志望度が本物で高いことをアピールすることができます。

企業研究のステップ

企業研究には大きく3つのステップがあります。このステップを船に例えると、次のようになります。

1.海を知る(業界研究)
2.船を知る(企業研究)
3.人を知る(職種研究)

1.海を知る(業界研究)

業界とは、その船が浮かんでいる海のことです。海によっては、安定していて変化がない海もあれば、大嵐が吹き荒れていて、多数の船が沈没している海もあります。この海の状態をチェックすることにより、大きな流れをつかむことができます。

この業界を俯瞰してみる上では、様々な書籍が出ています。どの業界か絞れていないならば、全業種を広く見てみることをお勧めします。

created by Rinker
¥1,287 (2022/09/26 12:43:59時点 Amazon調べ-詳細)

2.船を知る(企業研究)

次に、その海に浮かんでいる船のことを考える訳ですが、この船が「会社」を表しています。船にはサイズがありますが、数万人を抱える巨大戦艦もあれば、数人の小型ボートもあり、様々です。また、最新型の設備を搭載した船もあれば、旧態依然とした古い設備をずっと使っている船もあります。

企業研究の方法はいろいろな手段があります。企業の公式サイトは必ず目を通すとして、実際にその企業で働いている人からも話を聞くことができればとても良いと思います。

3.人を知る(職種研究)

最後に職種ですが、これは乗った船で自分がどの役割を担うか、ということです。営業、企画、開発、経理、法務など、様々な職種があります。また、そこで働いている人たちとの相性も重要です。

職種についても、自分の可能性を決めつけないで、まずは色々な職種が世の中にある、ということを認識することから始めましょう。