ハンドルネーム:ジョジョ

大学名:PSU

専攻:経済

応募業界・企業:エンタテイメント、金融

参加に当たって、どのような準備をしましたか?

自己分析
業界・企業研究
参考資料として就活本(内定勝者面接編など)を購入
志望企業の商品購入
大学のCareerCenterの活用
志望企業以外にも手当たり次第応募
模擬面接

当日の経験を教えてください(面接やウォークイン、ディナーなど)

初日は朝一に事前アポを頂いた企業のブースに行って挨拶をしました。その後は面接の時間まで企業説明会で時間を潰したり、他の学生と雑談をしたりしながら時間を潰していました。面接ですが、あらかじめ台本やシナリオなどを用意したのですが、結局使いませんでした。というより自分の本音や本当に思ってることが自然と出てきましたね。あらかじめ練習して暗記した優等生な答えは即不合格にしたと人事の人も言っていました。

ただし、自分が何をしたいのか、なぜ数ある企業の中でもその企業じゃないといけないのかなどはハッキリしておかないといけません。私はその辺が少し甘かったので最後の最後で駄目になりました。最終日はほとんどの企業が選考を終えてブースを畳むか来年志望の学生のための会社説明会などを実施していました。

私も今回駄目だった企業の説明会に参加したのですが、今まで見えていなかった面などが見え、ものすごくためになりました。人事の方とも何度も面接を行って顔馴染みになったので、説明会が始まるまでの間は雑談をしたりしていて、その雑談の端々から来年に繋げるアドバイスやヒントを頂くこともできました。

参考までに私が今回もっとも時間を使った企業の面接スケジュール:1日目一次面接 面接官:学生 1:2 面接官は若手二次面接 面接官:学生 3:3 若手2日目三次面接 グループ面接 7人 若手+上司四次面接 面接官:学生 1:1 上司3日目会社説明会私は四次面接で残念な結果に終わりましたが、学生の都合に合わせて日本で最終面接が最後に残っています。来年は最終面接に進み内定を手にします!

来年参加する学生へのアドバイスをお願いします

外資、とくにメリルリンチなどの金融は甘い気持ちで受けると突っ込まれまくって惨めになります。時間つぶしや面接の練習には良いかもしれませんが、志望していないのであればモチベーションが下がるだけなのでやめたほうが良いです。

志望業界は絞らないほうが良いです。むしろ広い視野を持ちましょう。どのように回るかのスケジュールなんて作るだけ無駄です。面接通過が決まるたびにスケジュールの調整をしないといけないし、セミナールームでのセミナー以外でもブースでのセミナーなどもあるため、常にスケジュールが変わりますので組むだけ馬鹿らしくなります。

2日目の5時過ぎは面白いものが見れます。楽しみにしていてくださいw