日本の履歴書と英語のResumeの形式の違い

ボストンキャリアフォーラムでは、履歴書は2種類が必要です。

日本語の履歴書と、英文のResumeです。ではまず、日本の履歴書と英文のResumeの違いについて確認してみたいと思います。

《日本の履歴書》

dl_thmb

・見開きB4サイズが基本
・フォーマットは統一
・基本は手書き
・写真が必要
・古い情報から順に書く
・記載項目は、氏名、生年月日、住所、学歴、資格、趣味、志望動機など

《英語のResume》

Education_Resume1

・サイズはレターサイズ一枚
・フォーマットは自由
・手書きはNG。必ずワードで作成
・写真は不要
・新しい情報から書く
・記載内容は、氏名、住所、学歴、資格、技術、職務経験など、項目ごとに詳細を記述

日本の履歴書と英語のResumeには、本質的に役割が違う

この中で、最も重要なのが、役割の違いです。

日本語の履歴書の役割は、
『学歴や職歴、個人情報など、本人の「履歴」を説明するための書類』
ですが、一方、英文のResumeは、
『自分を売り込むためのマーケティングの道具』
という本質的まったく異なる内容になっています。

これらの本質を踏まえて、しっかりと準備する必要があります。

準備する順番

日本語の履歴書と英文レジェメですが、まず準備する必要があるのが、英文レジェメです。

なぜなら、企業への応募に必要になるCFNの情報は、レジェメ形式だからです。

cfnresume

上記はCFNの管理画面の一部ですが、「日本語レジェメ」「英文レジェメ」と書かれているが分かりますでしょうか。「履歴書」ではありません。

ですから、準備する順番は、まず「英文レジェメ」を完全な状態に仕上げ、その後自分の英文レジェメを翻訳して、「日本語レジェメ」を入力していく必要があります。

日本語の履歴書といば、当日になるまで出番はありません。