ボストンキャリアフォーラム 2020は、ボストンキャリアフォーラム ・オンライン2020に変更!

Boston Career Forum 2020は事実上の中止

2020年4月の記事で、ボストンキャリアフォーラム は最悪中止になる可能性がある旨の記事を投稿しました。

新型コロナウイルス感染症 (COVID-19)がBCFと留学生の就職活動に与える影響と対策について

CFNは、感染が世界的に収まらない状況を鑑み、ボストンキャリアフォーラム 2020は、ボストンキャリアフォーラム ・オンライン2020に変更する決定を下しました。

オンラインで行うということは、ボストンという場所に限定する必要がないため、これは事実上の中止ということになろうかと思います。

Boston Career Forum・Online 2020とは

Boston Career Forum・Online 2020は4ヶ月間

当初の予定では、ボストンキャリフォーラム2020は、11月6日から8日の三日間に開催される予定でした。

しかし、会場で実施するキャリアフォーラム が実施できなくなったため、8月から11月までの4ヶ月間に渡るオンラインキャリアフォーラム を実施することになります。

書類選考から最終面接まで全てオンライン

もともと、ボストンキャリアフォーラム は事前の電話やオンライン面接が行われ、ボストンキャリアフォーラム 当日に最終面接が行われていました。今回は、そのままオンラインで最終面接まで実施する流れとなりました。

面接時期・日程・方法は企業によって異なります。CFNから直接面接出来ますが、企業によってはSkype、Zoom、Google Hangout、Webex等での面接も実施される可能性があります。書類選考通過者に対して、企業から面接対象者に面接の日程や方法について連絡があります。

セミナーもオンライン上で行われる

このオンラインキャリアフォーラムは、Online Live セミナーが金土日の3日間を4週に渡って開催されます。Online Liveセミナーはボストンキャリアフォーラム登録者のみ参加可能でとなっています。

金土日の3日間に企業セミナー、パネルディスカッション、基調講演等、企業研究の為だけではなく今後のキャリアに役立つコンテンツ満載のセミナーが行われます。企業によっては質疑応答の時間も設ける場合があります。事前予約は必要ありません。詳細はサイト上に随時公開されます。

これらのセミナーは、ライブセミナーを録画したものの再配信が実施されますが、この再配信も日程が決まっているため注意が必要です。

企業への応募やOnline Live セミナーの参加

ボストンキャリアフォーラムのイベント登録が必要です。

参加対象者

CFNのサイトに夜と、日英バイリンガルで以下のいずれかの条件を満たす方が対象となっています。

  • 日本国外の大学の学士又はそれ以上(修士、MBA、博士等)の学位をお持ちの方、又は取得予定の方
  • 交換留学経験をお持ちの方で日本の大学の学士以上の学位をお持ち(取得予定)の方
  • 留学経験をお持ちの職務経験者や海外での職務経験をお持ちの方
  • 海外での生活や経験の長い方

予定していた留学がキャンセル・延期になった場合も参加対象になるようですが、よほど名の通った大学への進学予定でもない限り、企業側はその人物を評価するのが難しいかもしれません。

2020年8月時点の出展企業

8月1日時点で67社が参加予定となっていますが、このままいくと、この数は2004年以降、最も少ない企業数となる可能性があります。過去16年間で最も少なかったのはリーマンショック時の102社ですが、今回のコロナ禍がリーマンショック以上と言われていることを考えると、納得できます。

8月時点の業界ごとの参加予定企業

以下、業界ごとのリストです。業界単位で俯瞰することで、どの業種・業界、または企業がコロナ禍においても事業が安定しているのか、英語を話せる人材を必要としているのかヒントを得ることができます。

情報システム
  • アクティス(ソフトウェア、情報処理)
  • AlphaSights (Information Services)
  • Konami Digital Entertainment Co.,Ltd. (情報処理・ソフトウエア・ゲーム事業)
  • コムテック (経営コンサルティング、IT/MSアウトソーシング)
  • コーエーテクモグループ (ゲーム・エンタテインメント)
  • システムシェアード (「IT」×「教育」)
  • CAC (ソフトウェア・情報処理)
  • チームラボ (IT・ソフトウェア・情報処理/Web/デザイン/コンサル/企画・提案/空間演出/建築)

コメント:情報システムは、リモートワークが実現し易い業種の代表格と言えます。

日用品
  • Amway Japan G.K. (日用品・消費財の製造・流通 )
  • プロクター・アンド・ギャンブル・ジャパン
  • 万田発酵
製造業
  • Aisin Techincal Center of America (Automotive R&D Engineering)
  • SCREENセミコンダクターソリューションズ (半導体製造装置事業)
  • ソニー エレクトロニクス
  • 東海理化 (自動車)
  • トタニ技研工業 (製造業)
  • ニトリ
  • 三菱電機

コメント:製造業は、コロナ禍の影響を大きく受ける業種です。全世界的な需要の落ち込みに加え、販売する商品を製造するために、実際に工場に人が集まらなければなりません。

建築・不動産
  • ICHIJO CO., LTD (住宅)
  • 三井不動産
商社
  • 伊藤忠商事(総合商社)
  • 大塚商会 (ITコンサルティング、システムインテグレーション|商社)
  • 扇港産業 (専門商社;自動車用ワイヤーハーネス部品、車載部品、光情報通信機器、光デバイス、電子機器等を販売)
  • 第一実業 (機械総合商社)
  • マクニカ 商社(エレクトロニクス・情報通信)

コメント:総合商社は、毎年三菱商事や三井物産がボストンの常連でしたが、8月時点では伊藤忠のみとなっています。

    食品
    • 江崎グリコ (食品)
    • Wismettac Asian Foods, Inc. (Wholesale/ Distribution)
    • コカ・コーラ ボトラーズジャパン (清涼飲料水の製造、加工および販売)
    • NIPPON SHOKKEN (日本食研) U.S.A INC. (Food Manufacturing)

    コメント:食品はコロナ禍の影響を受けにくい業種ではありますが、もともとボストンキャリアフォーラム に参加する企業は少なかったです。

    化学
    • イノアックコーポレーション (化学・高分子素材・部品メーカー)
    • 日本パーカライジング (化学)
    監査法人
    • EY Japan (監査・保証、コンサルティング・アドバイザリー、税務)
    • KPMGジャパン(監査・税務・アドバイザリー)
    • DELOITTE LLP – 日系企業サービスグループ Professional Services
    • Deloitte-デロイト トーマツ コンサルティング コンサルティング
    • Deloitte-デロイト トーマツ サイバー合同会社
    • Deloitte-有限責任監査法人トーマツ (監査・保証業務、リスクアドバイザリー)

    コメント:コロナ禍がどうであれ、監査業務は絶対になくならない業務です。ビックフォーのうち、3つが参加予定です。

    サービス業
    • ウィルグループ HR tech(サービス/人材サービス/教育/広告/スポーツ/コンサルティング/海外事業)
    • 日本財団 (助成事業、社会貢献事業)
    • 日本郵便
    • Bloomberg L.P. (Fintech)
    インターネット。
    • ギフティ(インターネットサービス)
    • GA technologies (インターネットサービス)
    • LINE
    • 楽天
    • レアゾン・ホールディングス

    コメント:インターネットも、業界全体としてはコロナ禍の影響を受けにくい傾向があります。

    金融・証券
    • SMBC日興証券 (証券業)
    • MUFG (金融)
    • 岡三証券 (証券業)
    • シティグループ ([金融] 銀行・ 証券)
    • 損害保険ジャパン (損害保険事業)
    • 大洋パシフィックパートナーズ (Asset Management)
    • 野村證券 (証券業 / Financial Services)
    • みずほフィナンシャルグループ
    • 三井住友銀行

    コメント:金融に関しては、外資系金融機関の採用がほとんどフリーズしているようです。一時期はボストンキャリアフォーラム は、ゴールドマンサックスを始め、多くの外資系投資銀行の採用で賑わいましたが、今年は見る影もありません。

      インフラ
      • 大阪ガス (インフラ)
      • JERA (電力・ガス・エネルギー)

      コメント:事業がドメスティックのため、インフラ系の企業においてバイリンガル人材のニーズは常に高くありません。

      医療・医薬
      • サイネオス・ヘルス・クリニカル (CRO :Contract Research Organization/ 医薬品開発業務受託機関、薬品、コンサルティング、医療サービス)
      • シミック (CRO 医薬品開発支援)
      • 日本イーライリリー (医薬品)
      • ファイザー (製薬/ヘルスケア)

      コメント:不況に強く給与水準が高い代表格が医療・医薬です。

      メディア・広告
      • 日本テレビ放送網
      • 博報堂/博報堂DYメディアパートナーズ (広告・メディア業務全般 )
        コンサルティング
        • 野村総合研究所 (経営コンサルティング、システムインテグレーター、サイバーセキュリティ事業)
        • ベイン・アンド・カンパニー
        • ボストン コンサルティング グループ
        • マッキンゼー・アンド・カンパニー・インコーポレイテッド・ジャパン

        コメント:マッキンゼー、BCG、ベインの3大コンサルティングファームが揃いました。