以下は、会場のワンスナップですが、テーブルで必死に何かを書いている学生の姿がちらほらと。。

ボストンキャリアフォーラムのテーブル

そう、毎年、ほぼ例外なく散見されるのが、ボストンキャリアフォーラム中に、履歴書が足りなくなって、会場で必死に書く学生たちの姿です。

はっきり言って、最悪です。

当日履歴書を書く、ということは、「自分は銃に十分な弾も込めずに戦場にやってきました」ということを、周りに伝えているようなものです。

なぜ履歴書が当日足りなくなるのか。理由は簡単です。面接の予約が少ないので、ウォークインをしまくるからです。そして、ウォークインでは、まず履歴書の提出が求められます。

実際にウォークインをしてみると分かるのですが、簡単に落ちてしまうことが多く、その度に、ものすごい時間をかけて作成した履歴書が1枚なくなっていくのです。

履歴書を当日に書くことになった時点で、自分は準備不足のままボストンキャリアフォーラムという戦場に来てしまった、ということを悟るべきでしょう。