ボストンキャリアフォーラム

約束の時間5分前になったらブースへ行こう

約束の5分前になったら、企業のブースへ行き、担当者に面接の約束がある旨伝えましょう。多くの場合、その場のブースで一次の面接を行いますが、場合によっては、別フロアにあるインタビュールームに案内してもらえます。

インタビュールームは、別フロアに設置されており、各社はカーテンで仕切られた個室を使用しています。個室が小さい事もあり、面接官は多くても2名でしょう。

面接の際は、面接時間を多めに見積もっておくことが大切です。というのも、30分の予定が、話が弾んで1時間半になってしまったということも時々起こります。また、面接が通過すれば、2次、3次と面接が続いて行きますので、それらの時間も考慮しておく必要があります。

そしてもちろんですが、面接が進むごとに、人事担当者の他に部門の マネージャーや企業の幹部・役員と面接を行う場合がでてきます。

まずは外で待機する

interview

普通の会社での面接の場合は、ドアをノックして入っていくわけですが、写真の通り、ボストンキャリアフォーラムの面接会場は、カーテンで仕切られた、ちょっと不思議な空間です。

ブースからこのインタビュールームまでは、だいたい、若手の担当者が案内してくれます。そして、多くの場合は、少しの間、部屋の外のイスで自分の名前が呼ばれるのを待つことになります。

呼ばれたらカーテンをくぐる

名前が呼ばれたら、カーテンをくぐって中に入りましょう。そして、まずは礼からです。礼の前に、まず自分の名前を言いましょう。具体的に流れで見てみましょう。

面接官 「田中さん、どうぞお入り下さい。」

学生 「はい。失礼いたします。」

(カーテンをくぐる。面接官が立って迎えているので、相手の目をしっかり見て、自分の名前を言う。)

学生 「アメリカン大学の田中武と申します。本日はよろしくお願い致します。」

(名前をしっかりといい終えたら、45度でしっかりとお辞儀をする。)

(準備している場合は)名刺交換を行う

名刺を準備している場合は、この後に名刺交換を行います。名刺交換の方法は、ネットでしっかりとチェックしておきましょう。

面接官 「全日本銀行、人事部部長の竹中です。よろしくお願い致します。」

(名刺交換を行う)

面接官 「それでは、お座り下さい。」

(座る)

着席後、履歴書又はResumeを相手に渡す

これはケースバイケースですが、多くの場合、着席後に、履歴書か英文のResumeの提出が求められます。一応、企業側はボストンキャリアフォーラムのサイトから、学生の情報を吸い出してはいるのですが、きちんとした形式のものではないため、あらためて、面接の場で提出を要求されるわけです。

そして、面接がスタートします。