Dinner__drinks

ボストンキャリアフォーラムにおけるディナーの位置づけ

ボストンで最終面接に進み、相手企業に興味を持ってもらえた場合は、企業からディナーのオファーが来ます。ディナーへの招待がそのまま内定に直結するわけではないが、内定ライン近辺にいる人は大体呼ばれると言われています。つまり、言い換えるとこのディナーへの招待状を得ることが、ボストンキャリアフォーラムでのゴールの一つともいえるのです。

問題なのは、複数社からディナーの招待を同日に受けた場合です。その場合、学生は、どの企業のディナーに出席するかを選ぶ必要があります。採用側は、このディナーへの参加を試金石に、学生の志望度を測ることになります。しかし、ディナーに参加したからと言って、内定が確約される訳ではないことは、学生にとっては頭が痛い問題だと思います。

ここら辺は、ボストンキャリアフォーラムにおける、企業と学生の最大の駆け引きともいえるでしょう。

ディナーの場所

ディナーですが、場所が大きく2か所あります。キャリアフォーラムないの部屋でケータリング方式か、外でレストランです。レストランの場合は、時間の余裕を見て、現地に向かうようにしましょう。土地勘のないところでの、しかも夜の移動は思いのほか難しいものです。

ディナーでの立ち振る舞い

ディナーの服装は、スーツです。また、当然ですが、ディナーでは、積極的に企業の担当者に自分をアピールしましょう。ケータリング方式の立食であれば問題ありませんが、テーブル席の場合は、座る席に注意が必要です。当然、企業側の方の傍に座って、可能な限り自分の積極性をアピールした方がよいでしょう。このディナーも、採用プロセスの一部です。

また、基本的なテーブルマナーは、ボストンに来る前にネットなどでチェックしておくと安心です。