大学名

国際教養大学

専攻

国際教養学部

応募業界・企業

メーカー

内定先

一部上場企業メーカー

参加に当たって、いつから、どのような準備をしましたか?

5月頃から参加を考え始め、ウェブサイトで参加企業をチェックし、自分がやりたい仕事や気になる企業を分析。

9月頃からエントリーシートを書き始め、中旬から応募開始。参加直前までスカイプ面接やウェブテストを受けた。ウェブテストはネットにある練習問題を解いて対策。面接は同じくボスキャリに参加する友達と一緒に練習した。

エントリーシートはボスキャリ参加したことのある先輩やすでに就活を終えた先輩にアドバイスをもらった。

キャリアフォーラム当日の経験を教えてください

事前に決まっていた面接が1つあり、最終選考まで進み、ディナーに参加した次の日に内々定を頂いた。ディナーは企業側で全てセッティングして頂き、ざっくばらんに色々な話をした。面接やパンフレットでは分からない内事情や雰囲気を感じとることができ、今後の就活や企業の優先順位を考えるとてもいい経験になった。

ウォークインは5社ほど出したが、面接に進むことは無かった。そのうち1社から面談という形で自身のやりたい仕事や企業に対する思いを聞いていただく機会を設けてもらい、その面談の後に帰国後に行われる選考に関する情報をメールで送ると言われたが詳細は不明。

来年参加する学生へのアドバイスをお願いします

ボスキャリの一番の売り文句は、1日で内定がもらえる!というものだが、本当に準備をせずに行って内定をもらえるのはほぼありえないというほど確率が低い。ボスキャリで内定をもらいたいと少しでも考えているなら、事前応募に必ず応募すること。

日本の就活と同じようにES、面接、ウェブテストなどあらゆるプロセスに対する準備を前もってしないと確実に内定を得ることは難しい。甘い言葉に惑わされず、しっかり準備をした者が報われる世界だと感じた。

持ち物で重宝したものがあればその持ち物と理由を教えてください。

透明なクリアファイル。会場でもたくさんの企業から貰えるが、色んなタイプの履歴書や必要書類を分けるのに便利。あとはのり。会場にホチキスがあるところは少し見られたが、写真を貼る用ののりがない。持参するべき。