大学名

関関同立のいずれか

専攻

経営・商学

応募業界・企業

IT系、商社、メーカーなど

内定先(現時点でもしあれば)

日系企業一社

参加に当たって、どのような準備をしましたか?

“自己分析
事前応募(20社程度)
レジュメ作成(日本語のみ)
事前面接が入った企業、興味がある企業の研究”

キャリアフォーラム当日の経験を教えてください。

“事前応募は開催1か月~1週間前に20社程度。
事前の電話面接は1社、フォーラム開催前に当日面接を5社ほど予約。

ウォークインはだいたい8社ほどで、選考を受けられたのが3社。
日系企業だけ受けたので、英文レジュメ提出と英語面接は一切なし。英語力なくても(日系企業に絞ると)意外と通用する。
ディナーは初日の一回だけ、内々定先と。
フォーラム後も引き続き、スカイプ面接などで選考を行う企業が3社ほど。”

来年参加する学生へのアドバイスをお願いします

“事前応募は開催日の1か月よりも以前から、具体的には8~9月ごろに提出することをお勧める。ほかの学生から聞いた話によると、フォーラム当日は最終面談という企業も多かったとのこと。

ウォークインは大手企業や外資など関わらず、受け付けているところは多かった。ただ、有名企業にはウォークインで大量のレジュメが提出されていたので、選考に乗れる確率はほぼないかと。事前応募推奨。
ただ、事前応募でサイレントだとしても、ウォークインで面接が受けられたりもするのであきらめずにブースへ立ち寄ってみるべき。

日本語レジュメの形式に迷うかと思うが、比較的自由に用意しても企業は気にしていないことが多い。私は顔写真データを持っていたが、それを印刷する機械がなかったので、レジュメに写真データを張り付けてまるごと印刷した。ちなみに手書きではなくワード。

私は正規留学生でも交換留学生でもなく、中堅私大のワーホリ勢。かなりの場違い感があり、周りのスペックの高さに圧倒されたものの、参加してよかったと考えている。
面接を短期間で多数受けることができ、たくさんの業界・企業を知る機会が得られる。帰国後に改めて日本で就活を行う場合の練習になるので、ハイスペックな学生が集まることに対して萎縮せず、ぜひ参加することをお勧めする。自分自身、レベルの高い学生に揉まれてとても刺激になった。”