Resume-Banner2

日本では、履歴書と職務経歴書(職務経歴書は就労経験がある人のみ使用します。)というのが通常就職活動で使う資料となっています。 英語では、履歴書のことをResume(レザメ)と呼びます。これは、日本の履歴書と職務経歴書が合わさったようなもので、学歴や職歴などの自分の今までの履歴を書きます。 ボストンキャリアフォーラムにおいては、3つの用途で使われる、非常に重要なものです。

1.書類専攻の重要な基礎資料

第一に、事前の書類専攻の重要な基礎資料となります。これはCFNのウェブサイトに登録する内容がそれに該当します。ボストンキャリアフォーラムでは、事前に企業に応募することができますが、企業の採用担当者は、それらすべてに目を通すことはしません。採用担当者は、まず何百何千という応募者を、専攻や学校名など、あるキーワードを使って振るいに掛け、そしてそれらのキーワードが入っている人たちの詳細な内容をチェックします。ですから、この時点で担当者の目に触れてもらえないと、土俵にすら立てない訳です。

2.当日の面接用

次に、当日の面接時に日本語の履歴書と英語のResumeが必要になります。だいたい、面接の最初で、「では履歴書をお願いします。」と言って、提出を求められることが多くあります。履歴書とレジェメのどちらを提出するのかは、企業によって変わってきます。具体的には各企業の応募ページのところで見分けることができます。

応募のところで日本語レジェメの提出が求められている場合は日本語の履歴書です。
ボストン日本語レジェメ

逆に、英語レジェメの提出が求められている場合は英語のResumeになります。
ボストン英語レジェメ

これは、読み手(人事部や面接官、採用決定者)がどちらの言葉をメインで使うのかを学生に教えてくれるため、当日の面接が日本語なのか、英語なのかも同時に類推することができます。

3.面接の後の選考の重要な基礎資料

最後に、面接の後で、選考の重要な基礎資料となります。企業は、多くの場合、複数の面接官を用意しています。そして、面接での結果が同じくらいの応募者が複数いた場合は、複数の面接官が集まり、履歴書やレジェメを見比べて、最終判断を下す、ということはよくあります。

いつから準備すればよいのか?

このように、履歴書は、ボストンキャリアフォーラムでは、あなたの運命を決める最も重要な書類だと考えてよいと思います。よく、いつから作成を始めたらよいか、という質問を受けますが、答えは唯一つです。「今すぐ」です。実際に作成を始めるとよく分かりますが、思った以上に作成には時間がかかるものです。早めに作成しておけば、どんなアピールポイントが足りないのか、数ヶ月前に知ることができ、対策を練ることも可能になります。