就職活動における自己分析とは、「自分」を客観的に評価し、自分の適性やスキルを見極める作業のことです。自分という人間のことは、自分が思っているよりも、あまり理解していないものです。

例えば、
「自分の長所・短所は?」
「自分は今までにどんなことを達成してきたか?」
「過去のどんな経験が自分の人格形成に影響を与えてきたか?」
「今後の自分の人生の目標は?」
などといった質問をされても、すぐに答えられる人は多くないのが現状です。

就職活動においては、この「自分を知る=自己分析」が第一であり、自分に対する理解なくして、自分にあった仕事や会社を見つけることは非常に難しいでしょう。