ボストンキャリアフォーラムでは、一部の企業だけがエントリーシートの提出を求めてきます。エントリーシートは、レジェメを提出する前のオンラインフォームの設問として登場します。

エントリーシートの提出が必要ない企業は問い合わせ先の下にすぐ応募ボタンがあります。

エントリーシート1

エントリーシートを求める企業の場合は、以下のように「選考用設問があります」という項目が表示され、企業が設定した回答必須の設問が表示されます。ちなみに以下はシティグループのエントリーシートです。エントリーシートは英語で求められる場合と日本語でも良い場合のふた通りがあります。

エントリーシート2

応募の準備ができている場合はそのまま応募ボタンを押すとエントリーシートの入力画面に遷移します。

エンントリーシート4

この画面での注意点は、くれぐれも考えながら入力するのは止めましょうということです。エントリーシート設問はこの画面の前に分かっているので、回答内容はWord等で別に用意した上で貼り付けるだけにするべきです。この方法の方が、事前に限られた文字数の中で、どのような回答が最も良いのかじっくりと考えることができます。

また、上記のように英語で入力する必要がある場合は、必ずネイティブに添削をして貰った方が良いでしょう。もちろん、日本語であっても社会人に内容を見てもらうのは非常に有益です。

キャリセン|完全無料で実際に内定を獲得したESの解答例が見れるおすすめサイト

エントリーシートの出題内容は分かったものの、実際にどのようにESを書けば良いのでしょうか?どのような内容を書くべきかは、実際に内定を獲得した先輩たちの生のESを見るのが一番です。キャリセンは完全無料で、実際に内定を獲得したESの解答例を見ることができます。

無料登録すると、各種無料コンテンツにアクセスできます。以下はその一例ですが、三菱東京UFJ銀行、ワークスアプリケーションズ、アビームなどボストンキャリアフォーラムに参加している多数の企業の回答例を見ることができます。

さらに、キャリセンではプロの就活コンサルタントと無料で1時間面談してもらえるサービスも提供しています。これは日本国内にいる必要がありますが、留学中の方は帰国の際などに活用しても良いでしょう。場所は、赤坂見附駅徒歩5分のシンクトワイス株式会社東京カウンセリングルームです。

キャリセン就活エージェント