Pwc、KPMG、トーマツ、EYなどの大手会計事務所、BIG4志望者は絶対にロサンゼルスキャリアフォーラムに行きましょう。

理由は簡単で、西海岸の新卒のポジションは、実はこのロサンゼルスキャリアフォーラムで出そろってしまうからです。

ご存知の通り、カルフォルニアは、日系企業が多く進出していますが、在サンフランシスコ日本国総領事館管轄内の日系企業数は、領事館管が実施したアンケート結果によると増加傾向です。

nikkei

これらの企業の監査ニーズに応えるため、どの会計事務所も一定数の日本人スタッフを必要としている訳です。

実際に、ロサンゼルスキャリアフォーラムで大手会計事務所に内定を貰った友人から聞いた話だと、日本人の採用枠は、西海岸全体のビックフォーで30ポジションくらいのようですが、その多くは、ロサンゼルスキャリアフォーラムで採用されてしまいます。

ボストンキャリアフォーラムにも、ビックフォーはすべて出そろいますが、基本的にはニューヨークを中心とする東海岸のポジションがメインになるようです。

ロサンゼルスキャリアフォーラムは毎年参加企業数が20社以下のため、敬遠する人もいますが、その分、参加者が少なく、倍率が低いことはあまり知られていません。一方のボストンキャリアフォーラムは、毎年200社前後ですが、やってくる学生の数も桁違いです。

ブルーオーシャンのロサンゼルスキャリアフォーラムと、レッドオーシャンのボストンキャリアフォーラム。狙い目なのは…賢い皆さんならすぐに分かりますよね。笑

参加される方は、会場直結というか、会場そのものであるロウズ ハリウッド ホテルの部屋をまず予約しましょう。ボストンと異なり、2泊で済みます。