珍しいことに、ボストンキャリアフォーラム2018に、ソニーグループのエムスリーが参加する予定です。

エムスリーとは?

エムスリーとは、医療サービスを提供するソニーの子会社です。もともとは、ソネット(現・ソニーネットワークコミュニケーション)の子会社で、ソニーの孫会社に当たる会社でしたが、事業再編の折に、ソニー本体がソネットの持っていた株を買い取り、ソニーの子会社になりました。

エムスリー社長谷村格氏のプロフィール

1965年生まれ。国際基督教大学(ICU)を卒業後、1987年にマッキンゼー・アンド・カンパニー入社。12年目に1999年に同社パートナー(共同経営者)となる。

コンサルタントとして、ヘルスケア業界を担当。当時のクライアントがソネットで、ウェブメディアを活用した医療サービスの提案をしたところ、「じゃあ、あんたがやってみなはれ」と当時のソネットの社長に言われて、ソネットの子会社として2000年にソネット・エムスリーとして会社設立。代表取締役に就任。現在に至る。

エムスリーは増収増益を続けるモンスター企業

エムスリーの事業内容を紹介する前に、エムスリーの過去の売り上げと利益の伸びを見ておきたいと思いますが、以下の通り、エムスリーはひたすら増収増益を更新し続ける、まさにモンスター企業と言っていいでしょう。2017年度の売り上げは944億円、営業利益275億円、純利益193億となっており、2018年度はついに売上が1000億の大台に到達する予想となっています。

エムスリーの事業内容は?

エムスリーの事業内容ですが、2018年現在は以下のような事業ドメインを生業としています。

メディカルプラットフォーム事業

MR君やm3.comなどの会員制ウェブサイトを運営し、製薬会社などからの情報を、医者をはじめとする医療関係者に発信する支援をする事業。この分野は、医師の囲い込みが競争力の源泉となるところですが、全世界レベルでの医師ネットワークの会員数は実に400万人を超えています。

こうして囲い込んだ医師会員に情報発信をするため、製薬会社などが競ってお金を払う、という事業モデルが確立しています。

エビデンスソリューション事業

エビデンスソリューション事業とは、臨床開発業務の支援及び大規模臨床研究の支援、治験業務全般の管理・運営の支援のことです。つまり、薬を作る過程で発生するテストを支援する事業ということになります。

製薬会社が開発した薬ですが、発売前に、必ず臨床といって、実際の病人などに投与してテストをすることが求められています。ここでも、上記の医者会員のネットワークが最大限に活かされていて、臨床試験に参加したい医者の募集から、実施のプロセスの様々な支援を、インターネットサービスとして提供しています。

キャリアソリューション事業

キャリアソリューションは分かりやすいサービスです。医者が多く集まれた、当然発生するのは就職・転職ニーズです。この事業分野でも売上は100億円を超えています。

エムスリーがボストンキャリアフォーラム に参加する意義

なぜエムスリーがボストンキャリアフォーラムに参加するのかといえば、海外事業をさらに強化するためです。エムスリーの海外事業セグメントの売り上げは昨年度は224億円で、今年は270億円を見込んでいます。

エムスリーは日本の他、米国、韓国、英国、中国、インド、フランス、ドイツ、スペインで事業を進めており、必然的にバイリンガル人材が必要になっています。

今回のボストンキャリアフォーラム での募集は3職種

今回のボストンキャリアフォーラム での募集は3職種す。

ビジネス

30億円規模の事業のマネジメント(経営)、製薬企業向けのマーケティング課題の解決のサポート、新規商品の開発や既存商品の改善などがビジネス職種の業務内容です。

募集は新卒はなしで、MBAなどの転職者がターゲットになっています。

データサイエンティスト

日本最大級の医療従事者向けWebサービスの企画提案、仮説検証、効果測定、経営判断等をサポートするためのビックデータ分析、分析ツール開発、レポート作成などが業務内容です。

募集は、インターン、新卒、MBAと幅広く開かれています。ただ、新卒の場合の給与は500万円と書かれていて、正直ちょっと見劣りするというのが正直な印象です。

エンジニアリング

Webサービスの新サービス開発、既存サービス改善、社内システム開発の設計からリリース、運用・保守が仕事内容です。

こちらもデータサイエンティストと同様、募集は、インターン、新卒、MBAと幅広く開かれて新卒の給与は500万円となっています。

エムスリーの応募プロセス

ウェブで公開されているエムスリーの募集プロセスは以下の通りです。

エントリー→プログラミング/Webテスト+1次面接→2次面接+WEBテスト→3次面接→オファー