ボストンキャリアフォーラム2015にアップルジャパンが登場

ボストンキャリアフォーラムの企業リストを見ている方はご存知かと思いますが、今回のキャリアフォーラムには、アップルが参加する予定です。募集職種は以下の通り、すべてエンジニア系です。

そのため、主要採用対象学部もすべて理系の専攻をしている学生のみになっています。以下が、募集職種と学部、そして必要な経験のサマリーです。

募集職種 主要採用対象学部 必要な経験
Optical Technology / Engineering – Optics
– Physics
– Mechatronics
– Computing (Image Processing)
– Mechanics
– Tooling, component process development
– Automation, metrology(3D) and integration
Display Technology / Engineering – Material science
– Optics
– Physics
– Chemistry
– OLED background in materials, device, hands-on fabrication
– Exp. in Thin Film development / manufacturing
Module Technology / Engineering – Mechanical Engineering
– Electrical Engineering
– Manufacturing Engineering
– Material Science and Engineering
– Chemical Engineering
– Physics
– Process R&D
– Manufacturing, Assembly / Integration technology
– Material application (esp.polymer)
Engineering Program Management – Electrical / Electronic / Mechanical Engineering
– Or any related Engineering field
– 2+ years in project management
– Knowledge of hardware development

必要な経験の部分は、転職者でないと厳しいと思いますが、現在の専攻がフィットするならばトライしてみても良さそうです。学生の場合は、知識アセスメントの結果に応じて、適切なポジションに配置されると記載されています。

また、勤務地は横浜にある研究開発センターか六本木本社、またはその他の地方拠点となります。

数年前にシリコンバレーのアップル本社で聞いた話

実は、管理人は数年前、スティーブジョブスが存命の頃に、MBAプログラムのTech Tripという大学主催のツアーで、アップル本社を訪問したことがあります。キャンパスと呼ばれていた本社で、人事のディレクターとシニアマネージャーたちから直接話を聞く事ができました。

その時に特に印象に残っているのは、製品開発に対する哲学で、通常の企業のようにリサーチを積み重ねて製品を生み出すのではなく、アップルではリサーチなどはせずに、内部のエンジニア達が自分たちが欲しいもの、必要だと思うものを製品にして販売しているという点です。言い換えると、アップルは万人ウケする製品を作ろうなどとは思っておらず、あくまで自分たちの理想のプロダクトを開発し、その理念に共感する人を集める、まさに宗教と呼んでもよいような会社だということです。

そのため、社内ではマーケティングやセールスのパワーはそれほど強くなく、あくまで製造サイドが実権を持ち「よい製品を作れば勝手に人がプロモーションし、勝手に売れていくはずだ」という考えに従って、会社を動かしているそうです。

applechq

applechq2

企業研究に役立ちそうな情報ソース

以下、参考までにアップルジャパンの企業研究に役立ちそうな情報ソースを紹介しておきます。

アップルジャパン採用サイト
https://www.apple.com/jobs/jp/corporate.html

アップルジャパンYouTube公式チャネル
https://www.youtube.com/channel/UCv5iVjD-tFfl04V4AB4XRYw

アップル Investors Relations
http://investor.apple.com/index.cfm