preparation

ボストンキャリアフォーラム開催1週間前~直前までにやっておくべきことはいろいろありますが、その中でも特に大切な7つのことをご紹介します。

1.履歴書の準備

毎年、必ず会場で見る風景。それは、履歴書が足りなくなって、会場のテーブルで必死に書く学生たちの姿。悲惨です。ハイ。戦場に行くのに、十分な弾を持たずに乗り込んでしまった自分を後悔しながら、貴重なキャリアフォーラムの本番を、履歴書の作成に充てるという悲劇。コピー機の前も長蛇の列。

面接の予約があまり入っていない学生たちは、ウォークイン中心になりますが、ウォークイン中心は、思った以上に履歴書を消耗するのです。ウォークイン中心の人は20-30部は当日までに念を入れて用意しておきましょう。

また、履歴書は手書きにするか、パソコンにするか好みが分かれるところですが、手書き派の人も、ワード版のものを作っておいて、USBメモリなどに保存しておくとよいでしょう。

履歴書の準備に不安が残る方は、作成講座のほか、現役の人事部勤務の先輩からアドバイスを受けることもできるこんな教材もあります

2.面接の練習

これは、やってもやりすぎる、ということはありません。面接は、最終的には今までの人生で培ってきた人間力の勝負だと思いますが、それでも、テクニックで補える部分もあります。友人たちと可能な限り練習しましょう。もしコネがあるのであれば、社会人の人に模擬面接をしてもらったら良いでしょう。

3.企業研究の最終チェック

このタイミングで改めて企業研究をしている人はまさかいないと思いますが、調べた内容をそれぞれA4用紙1-2ページの資料にまとめて、当日持って行けるようにしましょう。

特に、面接で必ず聞かれる「何か質問はありませんか?」対策には、事前に気の効いた質問を考えておくことが有効ですので、これらの質問もA4用紙1-2ページの資料に入れておきましょう。

4.ホテルや航空券の確認

当日移動時にあせらないように、予約したホテルや航空券の再確認と、予約表を印刷しておきましょう。慣れない場所の移動は、思った以上に大変です。

5.持ち物の準備

以下の持ち物を用意しておきましょう。

* 携帯電話(先方から次の面接のスケジュール連絡などが来ます。必須アイテムです。)
* 筆記用具
* 履歴書(和文・英文 15~20部くらいずつ)
* 名札と入場券(印刷して切り離しておく。)
* 証明写真(履歴書に貼る用)
* USBメモリ(万が一の場合に備えて、履歴書のデータを入れておきます)
* 替えのストッキング(スカートの女の子は必須!)
* 折りたたみの傘
* ノートパソコン(会場に持ち込む必要はありません)
* コート・ジャケット
* 腕時計
* パスポート・Visa・I-20
* 化粧品類
* スケジュール表
* バインダーやフォルダー
* 鏡・くし・エチケットブラシ・ミント
* 地球の歩き方(観光用)
* 着替え(3日分)

6.当日スケジュールの確認

当日の面接スケジュールを確認した上で、空いている時間にウォークインしたい企業をリストアップしておきましょう。

7.もう一度1から6をチェックする

念には念をいれましょう。

僕は、入念にチェックして印刷した英文Resumeのタイポを、当日の飛行機の中で発見してとても慌てた経験があります。結局、前日の夜のボストンに、キンコーズを探して走り回ることになりました。苦笑