大学名

上智大学

専攻

英語・言語学

応募業界・企業

コンサル、メーカー

内定先

Big4監査法人(インターン)

参加に当たって、いつから、どのような準備をしましたか?

1ヶ月前ほどにはCFNのレジュメを完成させ、事前応募を始めた。企業ごとに事前応募の方法は異なり、CFNのホームページを通すものと通さないものがあるので事前に確認が必要。また、事前応募の際には企業ごとに改めてES、WEBテストが課されることが多いので、早め早めに準備することに越したことはない。実際に、ESを提出し次第選考に移るという早い者勝ちの企業も少なくない。

キャリアフォーラム当日の経験を教えてください

ボスキャリ前日に1つ面接をし、通ったので当日は事前応募をしていた4つの企業の面接が入っていた。前日の面接は、その企業のボストンオフィスで行われ、現地入りの3時間後の予定だったが、飛行機の遅延と入国審査に時間がかかり、時間に余裕のない中での面接になってしまったので、できれば前日の午前中にはボストン入りできていたらよかったと思う。

今回のボスキャリがキャリアフォーラムとして初めての経験だったので、当日始まったばかりの時は何をすればいいかわからず、企業のブースを適当に見て回り、気になったところには履歴書を提出していった。ウォークインの場合、企業が学生の履歴書を確認し、興味がある学生に対しては電話をかけてくるので、現地では必ず携帯電話を取れるようにバイブレーションモードにして胸ポケットに入れていた。
面接は、企業のブースとは違い、面接ブースの中で行われたが、白い布で限られた簡易的なスペースなので、隣からの声はよく通ってくる。ただ、自分が面接している際には集中していたので、周りの声などは特に気にならなかった。2次面接以降やグループディスカッションなどは面接ブースで行われることが多く、1次面接は企業のブースで行われることが多い。

2日目には自動車メーカーの方からディナーのお誘いを受けたが、その後にインターン採用で合格した企業からもディナーの誘いを受け、どちらに行くか迷った。しかし、自動車メーカーのほうは、まだ内定が出るかどうかは確定ではなかったため、そちらの方に参加した。ディナーは、ボスキャリ会場近くのステーキハウスで、コース料理とお酒をいただきながら人事の方と世間話や仕事内容の話をするというものだった。思っていたよりもラフな雰囲気で、選考の雰囲気とは全く違ったものであった。帰りは、企業がタクシーを呼んでくれたが、タクシー代は自分持ちだった。他の企業のディナーに行った友人たちの話を聞いていると、タクシー代を出してくれる企業が多数だったと思う。結局、ボスキャリ最終日の夜に、ディナーに行った企業からは選考落ちの連絡が来たので、ディナーも選考のうちに入っているのかもしれない。どうせならばインターン選考で合格した企業のディナーに行けばよかったと思ってしまうところがあった。

来年参加する学生へのアドバイスをお願いします

事前準備をどれだけ入念にできるかがボスキャリ中に内定を取るための鍵になると思う。当日、ウォークインから内々定をとることのできた友人もいるが、稀なケースであり、一般的に事前応募で選考を進めておければ、1日目の早い段階で内定が出ることもある。企業研究は、当日会場で行うことは困難であるので、ボスキャリ前にしっかり準備しておくことが大切だと思う。また、ボスキャリ自体は海外大学正規留学生と交換留学生が対象のイベントではあるが、日本からの学生も十分チャンスがある。事前応募では対象ではなかった場合も、ウォークインでは受け付けてもらえるということもあるので過去に海外に住んでいたり、留学していたりしたことのある学生の方は行く価値はあると思う。

持ち物で重宝したものがあればその持ち物と理由を教えてください。

バインダー。会場内で履歴書を書く際には、テーブルの数が限られているため、椅子だけに座ったまま書くことのできるバインダーがあると便利だと思う。