ボストンキャリアフォーラムの内定率ですが、日本国内の新卒の内定率と比較してみると、非常に興味深いことがわかります。以下、比較表です。

項目 ボストンキャリアフォーラム 国内就職活動
参加学生数 5,000人 420,000人
応募可能企業数 200社 20,000社
募集人数 1,000人 730,000人
1社あたりの平均募集数 5人 37人
求人倍率 0.20倍 1.74倍
就職活動の期間 最短2日 数週間〜数ヶ月

国内就職活動の統計数は、リクルートワークス研究所が公表している数を参考にしています。一方、ボストンキャリアフォーラムの募集人数は私の推定です。

こうしてみると、統計上だけでは、国内就職活動の方が、内定率は遥かに高いことがわかります。内定率は募集人数を参加学生数で割ることで求められる求人倍率で算出することができますが、ボストンキャリアフォーラムは国内就職活動の1.7倍を超えることがまずないでしょう。

しかし、ボストンキャリアフォーラムでは、内定が出るプロセスとスピードが全く国内就職活動と異なっています。国内では、セミナー参加、筆記試験、集団面接、二次面接、三次面接…と延々と続く一方、ボストンでは、書類選考通過後、最短面接2回で、早ければ当日中に内定が出てしまいます。

さらに、応募可能な企業の中身も異なっていて、ボストンキャリアフォーラムには人気の集中する有名企業が多く参加していますが、国内就職活動の採用企業2万社には、多くの中小企業が含まれています。国内就職活動においても、ボストンキャリアフォーラムに参加している有名企業には応募が集中するため、数千人の中から選ばれる国内採用よりも、母数が多くても数百でしかないボストンキャリアフォーラムの方が、内定率は高い可能性があると思います。