増加傾向の日本国内大学の在学生のボストンキャリアフォーラム参加

ここ数年、日本国内での就職活動が厳しさを増している中で、早稲田や慶応を中心とする日本国内のトップ大学の学生が、ボストンキャリアフォーラムに参加する姿をよく目にするようになってきました。

それはそうです。

日本国内では、何万というエントリーの中から書類選考でふるいにかけられ、さらに適正試験で落とされ、投資銀行やコンサル等の人気業種であれば、面接までたどり着けるのは、何万分の一の確率となります。

しかし、ボストンキャリアフォーラムに参加できれば、日本国内の倍率とはけた違いの確率で面接までこぎつけることができます。投資銀行でも、ウォークインを積極的に受け付けているところも数多くありますので、事前の面接アポがなくても、とりあえず土俵には上がれる訳です。

とにもかくにも、まずは参加資格を手に入れる

では、日本国内の学生がボストンキャリアフォーラムに参加するためにはどうしたらよいのでしょうか?

まずは参加資格を手に入れることです。ボストンキャリアフォーラムの参加条件の一つには、はっきりとこのように書かれています。

日本語力、英語力共に少なくとも会話レベルをお持ちの方で

  • 日本国外の大学の学士又はそれ以上(修士、博士等)の学位をお持ちの方、又は取得予定の方
  • 1年以上の交換留学経験をお持ちの方で日本の学士又はそれ以上の学位をお持ちの方、又は取得予定の方
  • 留学経験をお持ちの職務経験者や海外での職務経験をお持ちの方
  • ですから、日本の4年生大学・大学院に在籍していても、1年以上の交換留学の経験があれば、参加対象者としての資格を得ることができます。